125CCスクーターで春の日曜日のご近所ツーリング:河原編

Q 125CCのスクーターの楽しみ方:日曜日の午後

4月5月になり
気候がよくなった日曜や祝日の午後に

近所をスクーターで探索することも楽しいです。

遠出するには時間もないし、
疲れている時や、

なんとなく遠くまで行く気分でない休みの日もあります。

家でゆっくりしていたけど、
昼食を取って昼寝して、

なんとなく近所でもちょっと出かけてみようか、

近くを探索してみようか

と思う時があります。

そんな時にも、125CCのスクーターは便利であり、遊べます。

スポンサードリンク

休みの日、原付二種に乗っている中高年を見かける

日曜の午後には、近所で原付二種を時々見かけます。

うちの近所の中高年の人達に、
原付2種を乗っている人が 少しはいるようです。

モンキー50をカスタムした人や、
ちょっといじっている旧式のクロスカブや

スクーター達も見かけます。

近所のおじさん連中の中には、
原付二種を楽しんでいる人達がいるようです。

この人達も遠出する体力も気分でもなく、
その辺をうろちょろして
バイクを楽しんでいるのかもしれないと
勝手に想像しています。

中高年の「ご近所ツーリング」に

原付2種は都合がいいと思います。

何と言っても軽いので気軽に乗れます。

◆ 4月5月の土手や河原は気分最高

私は今日は バイパスを走って

隣町の河原に探索に行きました。

今日は4月下旬で、気候が良くなってきたので、

河原の運動場では
野球やサッカーをやっている人もたくさんいました。
河原近辺は川風が気持ちいいのです。

近所の人達の散歩コースでもあり、
車で乗り付けてジョギングする人達もいます。

河川敷の周りの道や土手の上の道は、
車も通るので気をつけなければなりませんが

近所の人達の散歩コースでもあり、

サイクリングを楽しむ人もいます。

田舎の大きな川沿いの土手の上は、
誰も人が来ない場所が結構あります。

河川敷にスクーターを止めて

土手の上を散歩するのも楽しいです。

景色はいいし、風は気持ち良いので、
リラックスできて気分が良いです。

土手からの風景

春の午後、誰もいない草原や、見晴らしのいい土手は、
風も気持ちがいいのです。

緑の雑草が生えてきていて、草っぽい香りもしました。

私は「春なのかなあ・・・」
などと うすらぼけた感じになっているので

きっとリラックスしていたようです。

土手は人が全然いなくて、
土手から見下ろした風景が

自分だけの空間のようでいいです。

男のストレス発散に、
広いところで一人ぽつんといることがいいかもしれません。

私は、こういう人が誰もいない

河川敷沿いの道などを

自由にスクーターで走ることが好きです。

スポンサードリンク

小さい125のスクーターはご近所ツーリングに合う

小さくて軽いスクーターは行き止まりに来てしまっても、
簡単にUターンができるし、
道がない土手沿いや河原も走れるのでいいです。

オフロードバイクでなくても、
125のスクーターやカブなら
ちょっとくらいの河川敷の悪路ならなんとか走れます。

走れなければ、バイクから降りて押せばいいのです。

100㎏位の重さのバイクだと押して歩けるし、

アクセルをふかせばもっと楽に歩けます。

この日も、普段私が、あまり来ないところなので、
土手や河原をあっちに行ったり、こっちに行ったりして、
川沿いを探索しました。

私は釣りもやるので、
魚が釣れそうな所はないかと探す楽しみもあります。

そんな時も2種原付は便利です。

125のスクーターは、
散歩代わりのご近所探索に使えて楽しいです。

知らない遠くにドライブにいくのも楽しいですが、

自宅からそう遠くない近所で
知らないところを
スクーターで探索するのも結構楽しい
です。

50過ぎて、
自転車に乗りたての子供のようなことをしていますが、

気候がいいので
気分がいいし、ストレス発散になる気がします。

冒険とか、ハイキングなどが好きな人にも
スクーターのご近所ツーリングをお勧めします。

中高年はこんなスクーターの乗り方もいいと思います。
アドレスv125でもこんな楽しみ方ができます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする