125のスクーターでもバッテリー交換代は高い!キックは必要だ!

Q バッテリー交換代が高い!

寒くなると スクーターも乗らなくなります。
田舎に住んでいて 自動車も持っていると
冬は 特に乗らなくなってしまいます。

バイクにカバーをかけていること
余計に乗るのがおっくうになってしまいます。

するとバッテリーが上がってしまうので、
バイクは乗らなくても、
エンジンをしばらくかけておかなければならないでしょう。

スクーターでも、自分の家の庭で
ずっとエンジンをかけておくと
隣の人に迷惑になってしまいますから、
そんなこともできません。

私は、そんなことで
125のスクーターのバッテリー
交換することになってしまいました。

バッテリー交換代は、
5,000円から1万円位で済むかと思ったら、
なんと、2万円も掛かってしまいました。

原付二種のスクーターのバッテリー交換で、
2万円もするってことは
かなりの高い気がしました。
ショックです。

スポンサードリンク

◆バッテリーが弱ってもキックがある!

私のアドレスV125は 今年で4年たちました。
3年過ぎた頃から、乗り出し時に
セルがかからなくなりました。

毎日乗っているわけではないので、
バッテリーが弱ってきたのかとは思っていました。

でも、アドレスにはキックがあるので、
バッテリーが弱っても 少しでも電流があれば、
キック数回でエンジンがかかりました。

「ああやっぱりキックとセル併用はいいなあ!」
と思いました。

しばらく、走ると充電されるようで
セルが動くようになります。
(お店に買い物にいって、エンジンを止めて、
買い物が終わった後、
帰る時にセルボタンを押すとセルが動きます)

その為、ほとんどキック始動、時々セル始動でした。

◆バイクにキックは必要

ある日、スクーターで、
20分くらいのお客さんの所に行きました。

その帰りに、
セルボタンを押してもかかりませんでした。

いつもなら 少し乗るとセルが回るのに。
もしかしたらヤバいか?
とりあえずキックで始動してみようと思い

キック数回、ブルルルン

エンジンかかった。キックがあって良かった!

そんな調子で、買い物に行ったり、
仕事関係の所に行ったりした時、
セルでかからなくても
キックでエンジンをかけていました。

◆出先でエンジンが止まった

でも、今日は、走り出してた時に、
メーターにある 赤いFI ランプが点滅するのです。

あれ? 走行中にこのランプついたかなあ?

走行中に赤いFIランプついていた
という記憶がありません。

それでも、走るのでいいやと思い
しばらく走りました。

でも、途中で壊れたら嫌だから、
やっぱりうちに帰ることにしました。

その帰る途中に、交差点で一時停止していると、
エンジンが止まってしまいました

やばい! 当然セルは掛かりません。

キックしても
エンジンがかからなくなってしまいました。

「わ~ヤバイ」

100KGのアドレスV125だから
押して歩くことができましたけど、
こんな重たい物を
うちまで押し続けるのは嫌です。

バイク屋さんを呼ぼうかと思いましたが、
料金取られそうで、やっぱりやめました。

スクーターを押して、
通りの激しい信号のない道を横断することは
ちょっと怖かったです。

100キロのバイクでも 押して早歩きは辛いです。

出先でエンストし、故障することはとっても嫌です。

若い時に、ガス欠やエンスト、
故障などで困ったことを思い出しました。

スクーターも押して歩くのは辛い

数分押して歩いていると、
私の横を通り過ぎる車に邪魔にされて
危ない感じがするので イライラしてきました。

スクーターを押して歩くのも
車の通りが激しい道では、怖いです。

もう嫌になり、
またキックしてみようと思いました。

キーを回すと、
あれっ?メーターの針が動いたのです。

(キーを回すと、
スピードメーターの針がいったん振り切り、
再び0km/hに戻ります。
それがキックしていいよ、セルボタン押していいよ。
エンジンかけて。の合図です)

それでキックしてみると エンジンがかかりました!

「よかった、キックがあって良かった!

ほんとキックがあって良かった!

家に帰り、アドレスの説明書を見ました。
(家に帰っても、エンジンはかけっぱなしの状態です。
その後バイク屋に持っていくつもりでしたから)

赤いFIランプが点滅したら
買ったバイク屋さんに連絡するように
書いてありました。

メータ_点検の合図

そして、バイク屋さんに持っていきました。
預かって修理することになりました。

エンジンがかからなくなった原因は、
バッテリーの電気不足だったようでした。
3日後に新しいバッテリーと交換してもらいました。

バッテリーの電圧高か、電気容量かがなくなると
エンジンが止まってしまうようです。

そんなこともあるんだ・・・

スポンサードリンク

キックがあって良かった

しつこいですが、キックがあって良かった。
セルはかなりバッテリーを使うので、
私は普段からキックスタートしています。

バイク屋さんもバッテリーのことを考えたら、
乗っていない時期は、
乗り始めはキックスタートがいいと言っていました。

ほんとうにキックがあってよかった。

バイクに乗っていると
バッテリーが充電されるので、
いつも乗っているのならセルを回してもよく、

バッテリー上がりの心配は
しないでいいようですが、
冬や梅雨時など、長期間エンジンをかけないと
バッテリーは弱ってしまうそうです。

バイクは乗らなくなると
バッテリーがあがってしまい
そのうち乗っても 充電しなくなってしまうそうです。

今回の修理の時、
バイク屋さんが私のバイクにバッテリーを充電してみたけど、
回復しなかったので
交換するしかないと思ったと言っていました。

しかし、原付スクーターのバッテリーで
2万円もかかるとなると、
高いなあ…!という気持ちになりました。

スクーターは、普段から乗るようにしていないと、
バッテリーが弱くなってしまい、
充電しても回復しなくなる
ということをしっかりと覚えておこうと思いました。

もう、金がありませんよ。

現在、販売車でキックがあるのは
ホンダの、カブ110、ベンリーさすがです。
アドレス110も、125もある。
スズキって、ここはすごいなあと思いました。
ヤマハは、キックがあるバイクはないようですね?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする