安い原付スクーターの購入も考える。生活に買い物に便利で気楽だ

Q昔のスクーターの形が気に入っています。

1980年代に出たスクーターの形がいい

スクーターというと、
私の世代だと

パッソル、タクトなどの形を思い浮かべます。

1980年に入って、

今の形のスクーターが出てきた気がします。

それまでレジャーやビジネスバイクとしては
カブやシャリー、ヤマハメイト、チャッピー、ダックスなどが
主流だった気がします。

ヤマハのパッソル、パッソーラ、や
ホンダのタクトなどの
オートマのスクーターが出てきて、
操作が急に楽になってきたのです。

スポンサードリンク

昔の2ストスクーターは早かったかも

ジョグ50でスクーターの、
俊敏さと、便利さ、手軽さを知りました。

スクーターというとあの形を思い浮かべ、
スクーター イコール 自由・快適 と、
そく思い浮かべます。

また当時は、50㏄なら
ヘルメットなんか かぶらなくてよかったのです。

あの自由感が、たまらなく好きでした。

スクーター125に乗る

今では、50CCは ヘルメットの着用義務はあるし、
30km/h制限、二段階右折があるので、
もう乗りたくはないのです。

安い125スクーターの購入の検討

125のスクーターで、

手軽に、
しかも、乗っても乗らなくてもいいくらい安い維持費で、

バッテリー上がりも気にしないで済むキックがある、

あのスタイルのバイクが どうしても気になります。

すると、
ヤマハのアクシストリート125、
スズキアドレスv125になるのです。
(生産終了になってしまって残念)

安さなら、アドレス110 ディオ110もあります。

でもちょっと形が好みではないんです。

スクーターは気楽に乗れ、足元に荷物が置けるので買い物に便利

お気楽感で乗れるスタイルが
アクシストリート125 アドレスv125です。

足置き場は、平らで広く
足を投げだして、お気楽体勢の姿勢で乗れます。

不安は タイヤの小ささです

125の中ではタイヤが小さ過ぎて、
50CCと同じくらいに、ちいさいタイヤです。

大丈夫かな?と心配です。

80キロ出しても平気かと思いますが、
昔のジョグ50は、

70km/h以上は出たようですが

それでも大丈夫なようでした。

あの手のスクーターは、

足元に荷物がのせられるので

買い物などに大変便利です。

灯油を買いに行く時や
園芸用の土や肥料を

買いに行くのに都合がいいのです。

キックがなくてもいいなら、

リード125、マジェスティSも、

ベンリィ―110もあります。

あのスタイルのスクーターが好みなのです。

シブガキ隊の映画で、

バローギャングBCと言うものがあって
奴らがスクーターに乗っていて

うらやましかったのです。

1980年代に乗ったジョグ50の思い出

1980年代にジョグに乗っていたことがありました。
ジョグ50は 早くて楽しかったのです。

コツをつかめばウイリーができてしまうので、
危ない位だった気がします。

あの軽い乗り物の加速や俊敏性、便利性はいいものでした。

1990年代位までは、小さいバイクでも早くて、
色々な種類のバイクが売っていて
面白かったと思います。

スポンサードリンク

スクーターは気楽で、生活に便利

スクーターは、

足を投げ出して ガニマタで乗れて、
アメリカンバイクの乗り方にも似ているです。

あのスタイルで 乗れると気楽なんです

アメリカンも のけぞって、グタッと乗っていて

どっしりとして優雅です。

スクーターの方は、そんな風格がないものの
乗り方は似ていて、

気楽な解放感のある姿勢で乗れます。

スクーターに乗るのも、

初夏の天候のいい日は、
何とも気持ちいいものです。

そんなお気楽さが
普段のストレスから解放できるようでいいのです。

アクシストリート125の写真を見ていたら、
「これでもいいかなあ?」と思いましたが、

やっぱりなあ・・・

タンクが5.5リットルで少な過ぎる!

でも、

「スズキのアドレスⅤ125の方が早そうでいいかも?」

と色々悩んでいます。

パソコンのデスクトップの画面に

アクシストリートを張っています。

こんなのが欲しくなって、
それでも買えないで悩んでいるのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする