タイヤが小さい125のスクーターは危ない?大きい方が安全?

Q  小さいタイヤは鋭い運転ができる?

125のスクーターのタイヤは、
10インチ、12インチと小さいです。

バイク雑誌やバイク広告関係の会社のサイトでは、
10インチタイヤでもそれなりに、
いいようなことを書いています。

10インチタイヤは
小回りがきくとか、鋭い走りとか言っています。

125CCなのに、
時速30キロで走る50CCのスクーターと
同じ10インチタイヤでは、
私は良くないような気がします。

専門雑誌やプロのバイクライターたちは、
125のスクーターでも
タイヤが小さいことが いい事の様に書いている
ことを見かけることがありますが、
本当かなあ?と疑っています。

タイヤが小さい

● 小さいタイヤでも安全か?

原付Ⅱ種のスクーターの中には、
50CCのスクーターの
エンジンを大きくしただけのようなものも売っています。

ボディーも構造も、
時速30キロの50CCと同じでは危ないと思います。

時速60キロ以上出して走るのに、
タイヤが小さいと不安定で怖いです。

タイヤが小さければ、
ブレーキの利き具合だって良くないでしょう。

道路の段差や切れ目も、
30キロのスピードで走っている場合と
60キロのスピードで走っている時の衝撃は違います。

バイク雑誌ではタイヤが小さいと、
軽快で機敏に走れると書いてあることもありますが、
タイヤが小さいと 機敏に操作できるのかな?
そんなに小回りが利くことが重要なのかなあ?
と疑問に思います。

125のスクーターでも、小さいタイヤを付けているのは、
コスト面や販売価額を低くして
たくさん売る為にしているのではないかなあ?
メーカーの販売戦略の為にやっているのかなあ?

デザインの関係で、小さいタイヤにしているのでしょうか?
何だろう?

カブが好まれるのは、
カブの乗り心地がいいのも関係していると思います。
カブのタイヤは大きいので、安定しています。

私は、タイヤが大きい方が乗り心地はいいと思います。

≫楽天にて  アドレス110はタイヤが大きい

◆大きいタイヤの方がいい

私は、125のスクーターを買う時には、
タイヤが大きいものを勧めます。

安定感が違う、安心が違う、
それは安全につながる重要なことだと思います。

運動神経が劣り始める40代50代くらいの人が
125クラスのスクーターを買う時には、
12インチ以上の大きなタイヤのスクーター
買った方がいいんじゃないかなあという気がします。

私は、アドレスV125を買う時に、
アドレス110と迷いましたが、
その時にバイク屋さんも言っていました。

「アドレス110の方がタイヤが大きいんで、安定していますよ。
スピードを出した時には、
こっちの方が安定していることがよくわかると思います。
でこぼこ道を走ると もっとよくわかるかもしれません。
でも、小回りのこととか、乗り味とかは
人によって感覚や好みが違うかもしれないからねえ。
お客さんの好きですよと」
言っていた気がします。

私は、タイヤの小さいアドレスV125を買ったのですが、
時々タイヤの大きいアドレス110の方を
買っておけばよかったと思う時があります。

タイヤの小さいアドレスV125は、
スピードを出した時不安定な気がするし、
路面の切れ目を走るとグラッとして
ハンドルが取られる感じになるときがあります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする