春や秋のお出かけは寒暖差に注意、スクーターの収納にカッパの準備

Q 季節の変わり目の気温の変化に注意

昼は薄着だと帰りは寒い

秋や春の季節の変わり目は、
昼間と夕方とでは気温がだいぶ違います

昼間に、バイクで出かける時
薄着で出かけてしまうと
帰りが遅くなると気温が低くなりますから、
寒くて辛くなります。

午後から出かける時は、

ジャンバーを用意しておいてほうがいいです。

秋、日中晴れて薄手のジャンバーをはおって出かけ、
返りが遅くなると寒くて仕方がなくなるのが秋です。

私は、薄着でバイクで出かけて帰りが遅くなってしまって、
寒い思いをしたことがあります。

秋のバイクも寒い

A秋と春の行きと帰りの気温が違いすぎる。帰り寒い…

 秋の山に行って、帰りが夜で寒すぎた

秋の山は紅葉がきれいで、
澄んだ空気で秋もバイクは楽しいと思います。

昔VT250に乗っていた若い時、
秋の天気がいい日の午後に、2時間位かけて山に行きました。

天気が良くて気温も高かったと思います。
薄いウインドブレーカーを着て、出発しました。

返りが夕方になってしまいました。

秋は陽が暮れるのが早いのです。
それと昼と夜の寒暖差もあって、

かなり寒くて辛い思いをしたことがあります。

若かったせいか、帰りの寒さのことなど考えないで、
思い立つとパッとバイクで出かけてしまうことがよくありました。

そういう寒い経験をしています。

スポンサードリンク

春や秋の季節の変わり目は、
カッパかジャンパーなどを準備して出かけないといけません。

中高年になると、
若い時と全然体力が違うので、寒さ対策も必要です。

ちょっと出かけるつもりでも、寄り道する時もある バイクは寒い

秋や春の日中暖かい日の場合、
ちょっとスクーターで出かけるつもりでも

お店によったり,

友人の家によったりすることがあります。

友人の家に行き
楽しくなって話に夢中になって
帰りが夕方になってしまうこともあります。

すると、外は陽が暮れていて
気温が下がっていることがあります。

薄いパーカー程度しかはおっていないと、
バイクで風を切って帰るので寒くて仕方がなくなります。

手袋はいつもしているのですが、
ほんのちょっとのつもりで出かけた時には
手袋をしていない時も ごくまれにあって、
ズボンのポッケに左手を突っ込んで走ることもありました。

カーディガン等は家にいる時は暖かいですが、
風を通す素材なので、
スクーターに乗ると風をスース―通すので寒すぎます。

家に帰るとくしゃみ鼻水が大変出て、
体調を壊してしまいます。

こんな時スクーターには、

収納がありますから
いつもカッパを入れて置き カッパを着て帰ればいいんです。

スポンサードリンク

スクーターは収納があるのでカッパを入れておける

スクーターはある程度収納が大きい方が良いです。
雨具、工具、充電器、携帯用の空気入れ等も入れて置けます。

スクーター選びには収納の大きさも考えた方が良いです。

収納が大きければ
春や秋にはシート下の収納に

カッパかジャンバーなどを入れておけます。

スクーターはこうゆう便利な点もあります。

また、足元に風が直接当たりませんから、

寒い風を防げます。

雨も走行中直接当たらないで進みます。

125のスクーターは便利です。

でも、寒い時は、車が良いです。

私には、車も原付二種も両方必要です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする