花粉症でバイクに乗ることが辛い。ヘルメットで鼻がかめない

◆花粉症の季節は、バイクは辛い

・花粉症でヘルメットがかぶれない

フルフェイスだと鼻がかめない
花粉症の季節は、バイクに乗る人も大変な場合があります。

寒い冬がやっと終わって、
暖かくなりだす春先はバイクに乗りたくなります。

そんな時、くしゃみ鼻水で苦しいのです。
ヘルメットをかぶっている時に、鼻水が出たらどうしたらいいですか?

スポンサードリンク

◆ヘルメットに自分の唾や鼻水が付く

フルフェイスで
くしゃみをするとヘルメットに唾がつきます。

耳も痛くなることだってあります。

ヘルメットが自分の唾で汚れるのは嫌です。

さらに鼻水がついたら、これも嫌です。

自分の唾や鼻水とはいっても 汚くて嫌です

いくら自分だけが使うものだからといっても、
何か汚らしいです。

鼻をかもうとしても、

フルフェイスだとヘルメットを取らなければならないのです。

くしゃみや鼻水が出るたび、バイクを止めて、
ヘルメットを脱ぎ、
ティッシュを取り出して鼻をかみます。

これは面倒です。

すっきりして走りだすとまた
「ハックション」
「もう またかよ!」となります。

・花粉症の時は、ジョットヘルがいいのかも

ジェットヘルなら、まだいいでしょう。
くしゃみをしても鼻水が飛んでもヘルメットにつきません。

バイクを止めれば、ヘルメットをしたままでも
鼻をかむことができます。

花粉症の場合は、
アレルギー物質が飛び散る時期は、

ジェットヘルを着用すればいいかもしれません。

ヘルメットは、

フルフェイスとジェットの両方を持っているといいです。

またジェットヘルだとマスクもしやすいから、
花粉症の時期はジェットヘルでマスクがいいです。

それでも鼻をかむときは、バイクを止めて
ティッシュを取り出して、鼻をかむという
面倒なことをしなければならないのです。


車だったら、運転しながらも鼻をかむことができます。
やっぱり車は便利だなあ と思います。

そして、やっぱりバイクは不便だなあと。

花粉症の時期も乗れない 
寒くても乗れない、雨でも乗れない

こうゆうことも考えると、
バイクは125㏄の安いのを買っておいて

好きな自動車で、いい自動車を買う・・・
ということを検討した方がいいかと思ってしまいます。

スポンサードリンク

・安全を考えるとフルフェイスだが

寒さや雨だけでなく、花粉症もバイクの敵です。

さらに黄砂のこともありますから、
バイクに乗る時も マスクは必要な時期が長くなりそうです。

フルフェイスだと
マスクをしているとヘルメットをかぶる時
マスクがひっかかったり、

シールドが曇りやすかったりするのです。

でも フルフェイスの方が断然に安全ですから、
私はフルフェイス派なんですが
花粉症の時だけは ジェットヘルでいいか と思ってしまいます。

こんなことは、若い時には考えませんでした。

欲しいと思ったら、バイクでも、ヘルメットでも、
すぐに買っていた気がしました。

歳を取るとこんなくだらないことまで、

グジグジと考えてしまうのです。

知識と経験が行動を妨げるのかもしれません。


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする