生活費が掛る50代のバイク選び、お金が安い125CCを選ぶ理由一覧

Q 50代が125CC(原付2種)を選ぶ理由を考える

50代は

サラリーマンなら 給与がピークで、
事業をやっている場合も

経営者の年齢は50代が多く

本当だったら、

50代は、一番お金がある年代の筈です。

ところが
潤っている人ばかりでありません。

私の友人達もお金がある人もいますが、
金に困っている人もいるのです。

私も,

何十万円もするバイクを買う余裕などありません。

しかし、どうしてもバイクが欲しいわけです。

子育てが終わっている奴とか、
住宅ローンも、もうすぐ終わる人で

給与がいい人は、

高級車を買って楽しくやっています。

羨ましく思うのですが、

自分は豊かでないので 我慢するしかありません。

仕方がありません。

余分な金がないんですから・・・

それでもバイクを買う場合、
今のところ125CCで我慢しようと思っています。

生活費が大変な50代の人が バイクを買う場合に

125CCがいい理由を 書きあげてみました。

良く聞く当たり前のことですが、
一応自分に納得させるために書きあげました。

スポンサードリンク

生活苦の50代が125CCのバイクを選ぶ理由

お金の面からのバイク選び

50代の125のバイク

・一般道を60キロで走れるバイクで、新車の値段が一番安い

125CCは、車体価額が30万円の価格帯で

お金がなくても何とか買える値段だと思います。

50ccでは満足できず、

50ccよりは、

エンジンも大きく、とりあえずバイクらしいと思います。

・一般公道なら60キロ車といっしょ

50CCの原付だと制限速度が30キロで、

車両に邪魔にされますが、

125CCなら60キロまで出せます。

一般道なら自動車と一緒に走れます。

また信号でストップした時先頭にいれば、

ダッシュすれば追い越しや
あおられることも避けられるので 安全に走れます。

・維持費、保険料が比較的かからない

50CCよりは多少維持費がかかるとは思いますが、
強制保険が年間1万円以下で、
車を持っていれば任意保険も1万円位です。

保険料が 年間で合わせて2万円で済みます。

整備費も250クラスに比べれば安いのです。

・ちょっとは、ツーリングに行ける

一般道しか走れません。

それでも
一般車両と同じ制限速度で走れますから、

ちょっとは遠くまで
ミニツーリングに行けると思います。

・軽いので取りましたがし安い。

軽くて小さいので、駐車場の出し入れも楽、

自宅を出かける時も、
どこかに出かけた時も駐車が楽です。

駐車スペースも、
あまりとらないので 狭い場所でも止められます。

・乗らなくなっても持っていられる

バイクって好きでも
時期的にめんどうになって

乗らなくなる期間が 結構あるのです。

定期的に乗りたい衝動に駆られる時もあれば、

全然乗りたくなくなる時もあります。

維持費が少ないのでのない時期があっても

お金の負担が少ないので

処分しなくても済みます。

・乗らなくなっても まあいいやとあきらめられ値段

高いバイクだと、乗らないと 無駄だ、
「値があるうちに売っちゃおう」と思うかもしれませんが、

125CCのバイクは、値段が30万位のバイクだから
売ってもそんなに高額に買い取ってもらえないでしょう。

そう思うと、

「売ってもたいして金にならないのなら
このまま持っていてもいいか。」

となるかもしれません。

スポンサードリンク

・通勤や仕事に125のスクーターなら使える

大きなバイクに
気軽に乗れる体力と精神力がある人は別ですが、

50代になると気力も体力もないので、
気軽に乗れる125のスクーターを持っていれば、
通勤にも、自営業の仕事にも使えます。

新聞配達や、銀行員や郵便配達の人も、

50CCが多いですが、

125クラスのバイクに乗っています。

カブや、ベンリー アクセストリートを使っています。

・買い物に便利

スクーターは近所の買い物に大変便利です。

原付バイクは、

ちょっとしたお出かけの時には本当に便利です。

車だと渋滞もあるし、
駐車場がないお店や、駐車場が狭い所、
わざわざ車で行くまでもないお店に行く時には

大変便利です。

・二台持ちする気なら

125CCのバイクも、

スクーター、カブ、オフロード、Z125などのスポーツバイクなの
種類があります。

スクーターにも、

 オフロードバイクにも乗りたい、所有したい

と 思う場合、
修理維持費が安く、任意保険も一台分で済むので、
用途別に複数の2種原付を安く持つこともできます。

・車も持っている

地方では車を持っている場合が多いので、

車と250以上のバイクの両方を持つことは、

金のない50代にはきついです。

どうしてもバイクが欲しい場合、

125クラスなら

なんとか 買うことも 維持して行くことも

一緒にできると思います。


・余分な金のない50代の為の125CC

125なら贅沢しているわけでもないと思うし、
30万円で買えますから、

あきらめずに何とか買える金額だと思います。

それでも私には大金ですが・・・

そんな生活費がかかる50代の我々が
バイクに乗るなら
お金が一番かからない125CCがちょうどいいのだと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする