バイクを買う時期は冬、売る時期は春。高校時代でも冬は乗らない

バイクは気候の状態に左右される乗り物です。

バイクを
買う場合にも、
売る場合にも
季節を考えるといいかもしれません。

Q 冬にバイクに乗るのは高校時代も寒くて辛かった

11月位か 3月位までは
外は寒くて
バイクに乗る気にはならないと思います。

仕事で使うのも辛いです。

晩秋や春先の昼間に
時より暖かい日があるとバイクに乗れますが
冬は寒くてバイクに乗るのが嫌になります。

バイクが大変好きだった高校時代でも、

冬は寒くて嫌でした。

しかし、高校時代の冬休みは、
初日の出を見るために
夜中からバイクに乗って
みんなと走り回っていた時もありました。

カイロを持って、ズボン下(ももしき)はいて、
ジャンバー着込んで、
手袋したって手がかじかんでいました。

みんなで自販機やドライブインで、
あったかい缶コーヒーやミルクセーキを飲んでいました。

正月は、夜から明け方まで、みんなとバイクに乗って
どこかに行くことが
寒くても楽しくて仕方がありませんでした。

スポンサードリンク

50代になったら冬にバイクは乗らない・・・

高校時代でも
冬はバイクに乗ることは辛いかったのですから
50代になると、冬にバイクに乗るのはもう嫌です。

仕事で 昼間スクーターに乗るのなら、
足元は直接風が当たらないのでまだいいです。

ドカジャン着て、厚手の皮の手袋していれば、
連続して長距離を走らなければ
何とか耐えられます。

しかし、クラッチ付のバイクで、
タンクをまたぐ一般的なオートバイだと
寒くて我慢できないかもしれません。

足に直接風が当たるし、
かじかんだ手で、
クラッチをいちいち握ってギアチェンジするのも
楽しみでなく苦しみになってきます。

ですから、趣味のバイクは
冬に乗らないから、資金的に余裕がなければ
車検のない250未満で抑えておくべきです

冬にもバイクに乗らなければならないならスクーター

にも、
バイクに乗らなければならないなら、
スクーターがいいです。

仕事や通勤、通学、買い物などで
冬でも
バイクに乗らなければならない場合があります。

足元にダイレクトに風があたらないし、
走行中、右手のアクセルだけに
力を入れていればいいのです。

スクーターは、つまらないという人も多いです。
確かに私もそう思います。

ですが、「」 ということだけを考えると
寒くて厳しい冬にもバイクに乗るのならば、
125のスクーターがいいような気がします。

やっぱり、125のバイクを一台買うとしたら
スクーターにすることがいいかもしれません。

スポンサードリンク

◆冬はバイクに乗らない人が多い

バイクは寒くて冬に乗らない人が多いようです。
その為、バイク屋さんも冬はヒマなようです。

冬に車検が切れても、
冬には乗らないから車検に入れない人が多いのです。

寒いから趣味では、

バイクに乗りたがらないと思います。

それに雪が降る地域は乗りたくても乗れません。
春になっても凍結している地域がありますから
危なくてバイクには乗れないでしょう?

◆ 中古のバイクを買うなら冬場

中古のバイクを買うなら、
もしかして 冬場がいいかもしれません。

冬にバイクに乗る人がいないと言うことは、
バイクを売る人は多いかもしれません。

そして買う人も少ないと思います。

ならばバ中古のバイクを買うなら

11月から2月頃がいい気がします。

バイク屋さんが暇だって言っていたのですから

11月12月1月2月あたりは

中古のバイクが安く買える筈。

スポンサードリンク

バイクを売るのは、春先がいいかも?

バイクに乗る人、買う人がいないのなら
バイク屋さんも買い取ってはくれないでしょう。

すると

バイクを売るのは、秋から冬は辞めるべきです。

春暖かくなりだすとバイクに乗りたくなりますから、

春先に売るといいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする