バイクは乗らなくなる。動かなくなると整備代や処分料がかかる

Q バイクは乗らなくなると、処分を考えてしまう

寒くなったり、
バイク熱が冷めたりすると、
しばらく、バイクのことを
忘れてしまうことがあります。

そのうちバッテリーがあがったりしますが、

キックがあった時代は、
キックでエンジンが
かけられたものもありました。

乗らなくなるとバイクは、
悪くなると思い、

思い出したらエンジンはかけていたのですが
そのうち、それすらもしなくなって、

いつの間にか
バイクのことを忘れてしまうこともあるのです。

そうなるとバイクは
邪魔な場所を取るだけのものになってしまいます。

そして不動車になってしまうと、
現在は、処分料を払わないと
持って行ってもらえなくなったようです。


スポンサードリンク

◆ 動かなくなるとバイクは、処分料が取られる

・一度乗らなくなると、バイクのことを忘れてしまう

2ストの50㏄のスクーターは何台か買ったことがあり、
やがて乗らなくなって
いつまでも放置していました。

それでも、中古の軽バンを買うまでは、
ちょこちょこ近所に買い物に行く時は
乗っていたのですが

30kmの制限もあり

なぜかしら、
50のスクーター乗らなくなってしまいました。

今思えば、
2ストは持っていればよかったと思います。

・乗らなないバイクにも、お金がかかると思うと・・・

ずっと乗らないでいると、
キックを何回も、

やってもエンジンがかからなくなってしまうのです

バイクの整備ができる人に聞くと
乗らないでいると、
キャブレターの掃除もする必要があるから
修理代がかかってくる というのです。

乗らないバイクに、修理代もかかるんじゃいやだなあ

例え3万円で買った、中古のスクーターでも
めったに乗らないスクーターに出費するのは嫌です。

それに強制保険(自賠責保険)も、

毎年8,000円位かかるのです。

一度無駄だとか、もったいないと思ってくると
乗らなくなった50㏄のスクーターどうしようかな・・・
と思ってきます。

ついうっかりでも、保険切れを忘れていて、
無保険で乗って減点されたら
とんでもないことになります。

罰金なんて、払いたくない。

置いておくだけならいいかと思っても、
狭い家なので、

乗らないなら、
その場所ももったいない と思ってきます。

乗らなくなったバイクの場所にも

固定資産税を払っているのです。

・好きで買ったバイクなのに、気持ちがうせる

今後も乗らないとしたら
これは、処分しなければなりません。

50スクーターの処分料はいくらとられるのだろう。

テレビを処分するのにも
3千円位払わなければなりません。

まして、バイクだと
もっと大きいので処分料はかかるだろうなあ。

重たいから、廃棄処分所に持って行くこともできないし、

結局、乗らなくなったバイクは
お金のかかるゴミのように思えてしまったのです。

なんで、欲しくて買ったのに、
いつの間にか乗らなくなって

たまに、関心が復活してきて

乗れない、修理が必要、保険が切れている。

乗らないのに置き場所も無駄、

そして、処分料のお金がかかる

と思って来たら

家に置いておくことが
良くないことだと思えてきたのです。

こうやって今まで バイクを処分してきたのかも知れません

・乗らなくなったバイクをどうしたか覚えていない

高校時代によく乗っていたパッソルは
どうして持っていないのか思い出せません。

その後も
何台か50CCのスクーターがあった筈です。

30代に持っていたリード50も
いつの間にかないのです

どうやって処分したのか覚えていないのです。

バイクは乗らなくなると
すっかり忘れてしまうのです。

ただ、買い替えをする時や、
下取り業者に買ってもらった時

トラックに積まれて行ってしまったことを
覚えているバイクもあります。

「ああ、もったいない」
と思ったこともありますから、

そういう時は
まだそのバイクに関心があったのかもしれません。

もっとも最近まで乗っていたディオ50も
乗らなくなっても、
いつかは乗るだろう
と、軽自動車税の1000円は払っていました。

せっかく十何万も出して買ったものです、

処分するのは嫌でした。

毎日乗らなくても、
そのうち乗るだろうと思っていると
毎年の1000円の自動車税は平気で払えました。

でも、強制保険は支払いは忘れていましたから
本当に公道は乗れないのでした。

バイクは乗らなくなることもあり、
不意に気が向く時に、乗りたくなることがあります。

次に買うのは、負担の少ない原付2種クラスでも十分かな
と思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする