Z900RSが発売されたけど50代の私には大型バイクは無理だ

Q Z900RSが発売された!乗りたい、欲しいがもう無理かな…

限定解除の思い出 と Z 750 FX

「憧れの大型免許」、
「限定解除、欲しいなナナハン」

若い頃はそんなあこがれを抱いていました。

我々がバイクに情熱を燃やしていた若い頃は

400CCを超える大型バイクに乗るには
試験会場で

直接試験を受けないと取れませんでした。

とても大変でした。

でも限定解除なんて ほとんど無理、
よほど情熱がないと取れません。

実際に限定解除ができた人は

大変苦労してとったのだと思います。

そんな立派な人たちが乗ることが許された大型バイクです。

私は Z750FX に乗りたくて仕方がありませんでした。
バイク屋で中古のZ750FXが
20数万円で売っていたので、欲しかった・・・

当時400㏄に乗っていたので、
限定解除を受けようとして
大型のバイクを想定し、
その400のバイクで センタースタンドかけや
寝せたり起こしたり、押し歩きをして練習していました。

私は、限定解除試験に
1回だけ、20歳の時に行きました。
電車でも、バイクでも2時間はかかるくらい
遠かったのです。

試験会場に行くと、コースの図面があって、
本番当日にコースを覚えなければなりません。

コースが覚えられない・・・
これは無理だと思いました。

コースが難しくて覚えられません。

私は、一回であきらめました。
会場まで遠いし、仕事があったので平日に来るなんてできません。

その時、初めてナナハンに乗りましたが、
あの力強いトルク感はいまだに忘れられません。

やはり、あこがれの大型バイクです。

スポンサードリンク

大型免許が買える時代なのに、

大型免許、限定解除が、

お金で買えてしまう時代になってしまいました。

うちの近所にある教習所で
ナナハンが乗れる免許が買えるのです。

電話して聞きました。12万円で 免許が買えます。

1,2週間通えば、大型に乗れるようになります。

それなのに、
そんな金もない、維持費もない。
200数十キロのバイクを乗りこなせる体力も、もうない。

憧れが現実のものになれそうなのに、

金も体力もないのです。

歳を取るって大変さびしいことなんですかね・・・

Z900RSが発売されたのに…感激と失望感のZ900RS

最近のバイクは、レーシングタイプが多くて
デザインが 戦隊ものみたいです。
フルカウルの猫背で乗るレーシングタイプのものは
好きでありません。

ネイキッドと呼ばれているタイブが好きですが、

現在売っているネイキッドは、

ライトが、ホームベース見たいな形の五角形で、
上を向いたように設置されていて

格好よく見えません。

丸い形のライトで、カウルがないバイクがないのです。
プラスチックを使った部分が多くて嫌です。

乗りたいバイクがない、
昔、絶対に欲しかったFX750はない。

昔のようなかっこいいバイクがありません。
乗りたいバイクがない。

ところが いま カワサキのHPを見ると

Z2やZ750FX、ゼファーと同じような

Z900が販売されているのです!

感激です。

ウソみたいな気がします。

≫ カワサキ Z900RSのホームページはこちらです。

Z900は、車重215㎏で思ったより軽くていいのですが、
130万円もすると、買えません

130万円もすると
他に生活に使える軽自動車の購入を考えてしまいます。

また130万円という金額は
大金で老後の貯金に回したいと考えてしまいます。

さらに Z900RSは、ガソリンが、
無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)で、

お金がかかる気がします。

私には、経済的にも 体力的にも Z900は無理だ・・・

残念です。

スポンサードリンク

せっかく発売されたのに、50歳代の自分にはもう乗れない

もう遅い。
乗りたかった時に、乗れなかった

あと10年早く、Z900が発売されていたら
欲しかったなあ・・・という気持ちです。

50歳になってみて老後のお金も考え
貯金しなければならないし、
車のローンも 住宅費もかかり、贅沢できる金がありません。

そして、体力と乗りこなす

自信がなくなってしまいました

欲しいという気持ちはまだあるのですが、
お金がなく、
乗れる自信もなくなってしまったのです。

ゼファーが出た時
ゼファーが欲しかったけど

その時は、車を買った。

車の支払や維持費に追われ、

何十万円もするゼファーは買えなかった。

生活費も足りなくて、
いつかゼファーが欲しいな、 W650が欲しいなあ
と思っている内に

ゼファーもなくなり

ネイキッドと呼ばれるバイクも

販売されなくなってしまいました。

ああゼファーに乗って置けばよかったとか
W400を買っておけばよかったと
思ってももう遅い

その時に欲しくても買えなかった。

金がないってみじめですね

Z900RSは憧れで終わるけど

Z900が発売されてうれしいのですが、
きっと私には買えないでしょう。

せっかく作ってくれたのになあ、

もう少し早く出て欲しかった。

しかし、私が、バイクに乗らないかと言ったら

そうでもありません。

50代には50代の私にあった小さなバイクがあります

今は、125CC等の小さなバイクが欲しくて仕方がありません。

モンキー125やクロスカブ、

その他にも小型バイクの発売がうわさされています。

30万円で買えるバイク、
無理なく乗れそうなバイクのことを考えています。

定期的にバイク雑誌をみることがとても楽しいです。

大きなZ900はあきらめそうですが、
小さいバイクで楽しもうと思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする