CD125T|乗らない原付バイクでも持っていれば宝物になる

Q 軒下に起きっ放しの乗らないバイク

時より、軒下にずっとバイクが
置きっぱなしにされている家があります。

乗らないのに、なんで持っているのかな?

と疑問に思うのですが、

どうして おきっぱなしにしているのか? と考えてしまいます。

もったいなくて捨てられずにいるのでしょうか?

それとも、いずれ乗ると思って置いているのでしょうか?

◆いつの間にか乗らなくなった原付バイク

私も50CCのスクーターをもっていたのですが、
いつの間にか乗らなくなってしまいました。

そのうち、強制保険が切れてしまい
乗れなくなったのです。

50CCの強制保険は年間8000円くらいします。

乗らない50CCにかけられる8000円がなくて、
そのうち、
お金ができたら
強制保険代を払おうと思っていました。

原付でも
5月に軽自動車税を、
毎年2,000円払わなければなりません。

50CCは2000円払えば持っていられます。

乗りたくなったら
強制保険1万円を払えばいつでも乗れるので、
処分するのも、
もったいないから置いていました

時よりエンジンを空ぶかししていれば、
キャブも傷まないと思っていたのですが

そのうちガソリンがなくなってしまい
エンジンもかけないままになってしまうのです

これを放置してしまうと
バイクは整備しないと動かなくなってしまいます。

「どうしようか?後で考えよう?」
と思っているとどんどん月日が流れ、
いつしか廃品回収の業者に
引き取ってもらうことになるのです。

後で知合いが、
「2ストのスクーター、処分しちゃったの?
もったいない! 俺が買ったのに」、

「もうツースト手に入らないんだよ。

今の50より早かったんじゃない?」

と言われたのですが、
置いていても家が狭くなるだけなので・・・何の未練もありませんでした。

スポンサードリンク

原付を置きっぱなしにできるわけ

原付なら自動車税が安いので、
不動車でもそのまま持ち続けている人はいるようです。

この間、お世話になっているバイク屋さんに行ったら、
古いカブや、ヤマハのYB-1、
ベンリーCD125Tなどが作業場に置いてありました。

ホンダ ベンリー125のページ へ

ここでも、渋いベンリー125を見せてもらいましたが、
大昔のベンリーCD125Tは、やっぱり渋くて格好いい。

バイク屋のおじさんが、色々話してくれます。

「古いカブとベンリー125は、
同じ人が持っていて、
整備の依頼を受けたものですよ」

原付だと乗んなくても持ってられるから
複数持っている人もたまにいますよ
放ったらかしにしているけどね」

「たまに思い出したかのように乗りたくなって、
うちに整備の依頼をしてくれるんです」

「乗らないのに何台も持っている人いるんですか?」

「いますねぇ、多くはないけど」

「原付だと税金安いし、
保険も車もっていれば、安くはいれるでしょ」

古い原付50

乗らないバイクを物置にしまっている人

バイク屋のおじさんが言うには
125以下のバイクだと乗らなくても、
何台か持ち続けている人がいるそうです。

売ったってお金にならないし、

ずっと 手元に置いておいて、
たまに乗るらしいんです

物置にしまって忘れてしまう人もいるようです。

それがこのベンリーCD125Tだったようです。

古くなると部品がなくなる

生産中止になってしまったバイクで、
古いものはメーカーでも部品はないようです。

あまりに古くなったバイクは
部品がなくなってしまうそうです

カブなら古くても
たくさん売れているから大丈夫です。

また車種が違っても
同じエンジンや同じ部品を使っているバイクもあるから、
他のバイクの部品を探して
修理ができる場合もあるそうです。

また 部品取り用に
不動車も持っている必要がある
ようです。

◆ 古いバイクは交換部品用にもう一台持っている

車種はわからなかったのですが、
30年以上前の日本の大型バイクで、
エンジンがバラされ
修理中のものを見せてもらいました。

「これはもう部品がないけど、
この持ち主が同じバイクで動かなくなったものを、
もう一台持っていて、
その部品をこっちに付けて直してくれって依頼されたものですよ」

そういうマニアの人もいるようです。

◆ずっと持っていると希少価値が出て自分だけの宝物になる

・125以下の原付は乗らなくても手放せない

乗らないで放置されたバイクでも
たまに乗りたいから持っている人もいれば、
部品取りの為に持っている場合もあるようです。

また125CC以下のバイクは、
修理代も安いし、車検もなく、税金も安いので、
乗らなくなっても持ってられます。

125以下の原付の任意保険は、
自動車を持っていれば
一台分の1万円を払えば何台持っていてもいいのです。

一台125を買って、
後から、違う125をもう一台買って、
古い125を売らずに
そのまま持っていても対してお金がかからないので、

そのまま持っている人もいるようです。

スポンサードリンク

● 自分だけの大事な宝物になる

そして古くなった125のバイクが生産中止になると、
手に入りにくくなる為、
誰も持っていないことに対する
優越感がわいてくるのかもしれません。

希少価値のようなもの、
珍しいもの、
自分だけが持っている宝物になって行くようです。

ベンリーCD125Tが販売されていた時は、
見向きもしなかったのですが、

今となってみると
新車では手に入りません。

ずっと持っていた人に取っては

大事な宝物になっているようです。

125のかっこいいものを買って

ずっと持っていようかと思いました。

ツーストのスクーターも売らなければよかったな
自分が新車で買った、もう新車で手に入らないものだから。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする