車を下取りで売却する時、洗車や車内を掃除した方がいいのか

車を売却する時、掃除もせず、
普段のままの状態で
ディーラーに持って行った方がいいのでしょうか?

それとも洗車してきれいにして持て行った方がいいのでしょうか?

Q  車は売却する時に 掃除した方がいいのか

車を下取りに出す時、できるだけ高く買い取って欲しいのですが、

その時の注意点で、

洗車して、きれいに掃除してから

査定してもらった方がいいよ」

と誰かに教えてもらった記憶があります。

ですから、車の買い替えでディーラーに行く時は、

高く売却してもらえるように、

時間をかけて洗車して査定に出していました。

でも苦労して洗車しても、
ディーラ―に見せに行く時に 雨が降ると
すごくショックです。
くたびれ儲けになってしまいます。

でも、雨が降ったくらいで車が汚れて、
値段が下がるものなのか?

売却するのに 天気が左右されるものなのか?

どうなんだろう?

車を売却する時に 洗車した方がいいのか?

どうか、車の仕事をしている人に聞いてみました。

洗車

◆ 買い替えの下取り車の査定の時の話

洗車しても しなくても 関係ないのか?

買い替えの時にディーラーに行くと、

下取りに出す車を査定されますが、

思ったよりも値段が低いのです。

かなり低くなってがっかりします。

走行距離とか、傷とかがあるから、
人気ないとか、
相場があるとか
いろいろ言われて
買取りの値段がかなり安くなってしまうのです。

そして、下取りに出すつもりの車は
かなり色々な部分を見られます。

車は買う時とっても高いのに、

売りに出すときは、
全く価値がなくなってしまうのです。

大きくぶつけた所がないかとか、
ボディーの傷とかへこみがあるとか色々言われます。

ひっかき傷があるから
これで減点だと

言われたこともあるんです。

査定に持って行くる時、
ワックスか何かで細かい傷を磨いてわからなくしてくれば
いいと思ったこともあります。

そのことを営業マンに言うと
・「ん・・・キズがわからなければ いいかもしれません。」
とか

・「それでもわかりますよ」
とか、査定する人によって変わるんです。

・「小さなキズなら関係ないですよ」
とおおざっぱな営業マンもいます。

小さなキズのことでさえ、営業マンによって異なるのだから、

車を洗ってきた方がいいのか?
室内を掃除して来た方がいいのか?
と聞いても、

人によって色々なんです。

スポンサードリンク

洗車してきれいにするとキズが目立つ?

車を買い替える為に、
買いたい車が売っているディーラーにいくつか回ったり、
買い取り専門店に持って行き
査定してもらうことがあります。

そこで、洗車して持ってきた方がいいかどうか
聞いたことがあります。

人によって違いました。

「ほこりや汚れがあると 汚い気がするから、
 洗車した方がいいですね」

「洗車した方が よく見える

ボディーのつやがわかるから、きれいだと多少上がるかもしれない、

よほど外装がひどいと下取り額は下がってしまう

という人もいるのですが、

よく見える」が、

きれいな車に見えるという意見と、

「キズやへこみもよく見える」
というのです。

なるほど
汚れていると、傷やへこみが見えないこともあります」

ですから、

洗車した方がいい場合もあれば、

悪い場合もあるようです。

洗車する

車内は掃除した方がいいか?

当たり前ですが、室内もきれいな方がいいようです。

シートは丸洗いできるかもしれませんが、
それでも査定の時

汚れていない方がいいので

掃除はした方がいいと思います。

たばこの臭いや シートのよごれや 傷みによっては
減額の対象になるようです。

車内は日頃の使い方も 関係あると思われます。

◆洗車しようが 磨こうが 関係ない?

洗車して査定に出した方がいいのかどうか?

ということは、

知り合いの営業マンでも意見が異なるのですが、

一致するとこもあります。

結局、車種や年式等によって、

業者の買い取り相場がある から、

決まった形式で減点などをして、

いくらか決めるので、洗車や掃除してきても、
大きくぶつけたり、

エンジン系統がおかしくなければ

たいして変わりがないと言うのです。

結局 下取り査定に出す時、

あまり洗車の意味はないかもしれない と言います。

でも ある程度、洗車して車内もきれいにしておいた方が

印象は良いようです。

スポンサードリンク

礼儀として洗車や掃除をして査定してもらうべき

乱暴な乗り方や、

オイル交換などしていない場合など
あらい使い方をしていると思われない方が印象がいい気がします。

大事にきれいに車を使っていると思われた方がいい筈です。

ディーラーは、
買い取った車を販売することが多いので、

それを中古車として売る時、
エンジン不調などのトラブルがあると売れなかったり、
修理代がかかってしまうこともあるので
できるだけいいものを買い取りたいのです。

その為には、査定の際、

その持ち主がどんな使い方をしていたか、
推測するようです。

車がきれいないら、

きちんと整備していたことがわかると、
あちらこちらを見て

悪い所がないかと あらを探したり、
ケチをつけられなくて済むときもあるようです。

ガレージなどにしまって置いた車は、
状態が良いことが多くプラス査定もあります。

持ち主が 大事にしてきた車であれば、
ちょっとは下取り額が上がるような感じに受け止められました。

怖そうな人とか、車に無頓着な人が乗っていた車は、
注意して色々見ることもあるようです。

車の状態の他、
持ち主の人柄も 査定に影響する場合もあるようです。

下取りの交渉時には、
査定額が上がるとか、下がるとかに関わらず

ある程度は、

洗車や車内の掃除はして

見てもらった方がいいような気がします。

それが査定してくれる人に対する礼儀だと思います。

汚れた汚い車を見せるのでなく、
水洗くらいして、

きれいな状態で見てもらった方がいいと思います。

乗せてもらった車にも申し訳ないです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする