125のバイクは、ピンクの市町村ナンバーで住所が分かって嫌

Q125CCはナンバープレートが嫌でないですか?

・125㏄のナンバーの嫌いな点

125㏄のバイクは、
ピンク色のナンバープレートだけでも嫌なのに、
さらに 自分の住んでいる市町村までも入っているナンバーなので、
これが嫌です。

他の市町村に行った時、
よそ者扱いされて、他の市町に行った時乱暴な運転をされます。

●所有者の市町村を知らせて走るのが嫌

125㏄を買った場合に、私が気になっているナンバープレートの話です。

ナンバープレートが 125CCは市町村ナンバーですから

どこから来たのかが、より明確にわかることが気になります。

都会ならいいですが、こちらは人口数万人の小さな市の集まりです。

125CC以上のバイクなら県ナンバーで
「どこの県から来た」 ということが書いてあり、

住んでいる県はわかりますが、広域になります。

125CC未満だと 市や町のナンバーになるので、
どこの市から来た」 ということが分かってしまいます。

住んでいる所をより細かく知らせることになり、
プライバシーが侵害されているように思えます。

こんなに個人情報の保護を訴えかけているのに、
ナンバープレートに住んでいる市を知らせて
走り回ることは何か危険な気がします。

「あのピンクナンバーの○○市から来た奴、良く見るよな」
と言われそうです。

気にしすぎかもしれませんが。嫌なものは嫌です。

◆ 原付バイクは、隣街に行くとよそ者だ

原付は市町村名が、ナンバープレートに掲載されます。

同じ県内の隣の市に行っただけでも、よそ者になります。

しかし、125CC以上のバイクになれば、
陸運の管轄区域ごとのナンバーになるので
県などのもっと大きい地域のナンバープレートになりますから、
よそ者でなく、同じ県の人でよそ者でありません。

知らない人に、
どこの市町に住んでいるのか なんて知られたくはありません

若い時には警察官によく呼び止められ、
すぐによその県や市町に行くと

「おお、○○市から来たのか? どこに行くんだ?」

他の県や市から来たことに、とても関心があるようなのです。

また原付バイクで道路を走っているとき、
ドライバーから見て
他の市のナンバーで、地元の者でないことが分かると
扱いが雑になります。

車から乱暴に扱われるような気がするのです。

私も、遠くの市のナンバーや
聞いたとことがない市のナンバーだと
相手をよそ者扱いして、軽く見る傾向があります。

「○○市から、原チャリで来たのか? どこに行くんだ?」

自分がそう思っているから、
他の人もそう思っているのか
と思うのかもしれません。

でも、見慣れない市町のナンバーを見ると
結構みんな気にします。

その「よその市の人」
「どこから来た人なのか」

ということを 気にする民族なのかもしれません。

◆原付ナンバープレートは、どこの市から来たか確認される

毎度のことですが、つまらないことを色々考えてしまうのです。

50の原付に乗っている時には、
そんなことは全く考えていませんでした。

気にするといろいろ考えてしまいます。

たぶん50CCだと、行動範囲が狭くて
近所の友達の家や買い物、仕事や学校など
近場しか行くつもりがないから、
何とも思わなかったのだと思います。

125CCを買ったら、
ちょっと遠くに行くつもりがあるし、

ツーリングにも行きたいと思っているからだと思います。

私が若い時には、不良が多かったので、
他の市のゲームセンターやボーリング場などに行くと
警戒していました。

縄張り意識が強い不良が多く、
よく「どっから来たんだ?」
「ああ ○○市か! 何しに来たんだ?」
と不良に言われることがあったので、

住まいが知られる怖さが、強く印象に残っている のです。

125CCを買えば、他の市町や県には行くと思います。
昔のように不良にからまれることはないでしょうが、
他の市や他の都道府県に行った時、
自分の住んでいる市町を知らせまくるのは嫌です。

ですから ツーリングやちょっと遠くの市町に行くつもりなら
県のナンバーの250CC位のバイクを買うべきかなあと思います。
(陸運局の所在地のナンバーでしょうけど)

ああ また面倒なことで悩んでしまいました。

125CCのピンクナンバーが目立つことが嫌

ピンク色のナンバー目立ちます

私の近所では、
125CCのバイクに乗っている人はあまり見かけません。

だから、ピンクナンバーを見たら、誰だかすぐにわかりそうで嫌です。

125CCのバイクは、ピンクで派手な色で目立たせ、
自分の住まいを知らせまくって走っているようで嫌です。

私の住んでいる市は、人口数万人の市で
ピンクナンバーの125に乗っている人は
何人もいないでしょうから

すぐにどこの誰だかわかってしまいます

私はバイクに関心がある為か
道路を走っているバイクによく気づきます。

「又、あいつか、PCXに乗った奴また走っている。」
「いつもどこに行くんだろう?」
「あの青ヘルのカブ、 あの家の人だ」
知人でも、そう言うことを言う人がいます。

バイクに関心があるから
他のバイクのことが気になると思います。

オートバイに興味がない人は
バイクなんて目に入っていないと思うのです。

気にしても仕方がないとわかっていますが、
気になることでした。

まあ 「気にしてもしょうがない。」
「仕方ない。」
書いているうちに、
「どうでもいいや」と思ってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする