趣味のバイクを買う為のお金を貯めるにはどうしたらいいのか

Q バイクを買う為の貯金が貯まりません。

お金は 必要なものに出してしまい
趣味の物や、生活に関係のない無駄な物に使う為のお金は
なかなか貯まりません。

買いたいバイクを絞り切っていないのですが、
とりあえず 50万円貯まれば、
250のバイクか、
何かは買えるのではないかと思っていました。

バイクを買う為の貯金として、
財布の中に小銭がたまったかと思うと
貯金箱に入れています。

しかし、何かちょっと小銭が必要な時に、
貯金箱から出して使っていました。

せっかく貯めているのに、何の気なしに使っちゃうのです。

全然たまりません。

貯金箱

◆バイク貯金は無計画だと貯められない

何か月かにいっぺん、
コーヒー缶位の大きさの貯金箱がいっぱいになります。

この時が楽しみで、銀行に行って、
バイク貯金用の通帳に入れてもらいます。

多い時で8千円、少ない時で5千円になります。
貯金箱いっぱいで、
だいたい7000円位貯まるようです。

まあ、これでバイクを買う金が
何とか貯まっていくだろうと思っていました。

しかし、よく考えたら、
何かの時に貯金箱から出している し、
バイク貯金の通帳に、
貯金箱からの入金が年に3回しかないのです。

7000円×3日=2万1千
1年間に2万円しか貯められていません。

これじゃいつになってもバイクが買えません。

こんなこと、もう何年もやっていました。

いつになっても、十万円もたまらないので、
どうしてだろう?

と思っていました。

夢ばかり見ていて、満足していたのです。
馬鹿だ!

もう 本気で貯めないと お爺さんになってしまう。

計画性がなさすぎた。

◆ バイクの種類と貯金の目標額を決めて貯める

本気でバイク貯金をしないと、
いつになってもバイクが買えない!

きちんと決意をすべきです。

先ず欲しいバイクを決めなければなりません。
貯金の目標額を決めることが先決です。

250CC超のバイクは今回は、
ほぼあきらめかけていいます。

250CC以上のバイクは、80万円はしますから
80万円も貯めたことはありません。

もし買ったとしても維持費が払えません。

50CCに乗って時でも、
強制保険が払えなかったことがありました。

私は、今のところ金持ちでないから
経済的に買えそうなのは、125CCだ!

とりあえず30万円を貯めよう!

車種は後でもいい
30万円で 125CCのバイクを買うつもりでいこう
30万あれば、250の中古なら買えるかもしれないぞ。

そう決めました。

◆目標額に向かってバイク貯金開始

毎月五千円から1万円以上は貯める、
無理すると続かないし 使っちゃうから。

絶対に使わないために、ビニール袋に貯めることにしました。

バイク貯金、30万円を貯めるぞ・・・

銀行にいれたり 貯金箱にいれると
お金が見えないので、見えるように手元に置き
いつもお金が見られるように
チャックのついたビニールの入れ物に入れておきます。

お札がたまって行くことが実感できます。

絶対に貯めるまで使わないと思って、貯金しています。

毎月収入があると一定額をビニール袋に入れています。
絶対に使えません。

最初の何か月かは、
お札が1枚、2枚と少しだったと思いますが、

やがて数枚になりました。

一万円札が10枚になると、絶対に使えないと思います。

余分なものは買わないぞ!
小遣いもないから、
フライの釣り堀にも行かなくなってしまいました。

毎月何冊か買っていたバイク雑誌も、
本当に見たいと思うものしか買わないようにしています。


スポンサードリンク

◆2 給与が入ったら即バイク貯金分を取る

しかし、生活の為にどうしても必要なものがあると、
お金は必要なものから順番に使っていってしまうものです。

食費や光熱費、食費、住宅ローン、保険料など、
生きて行く為に、必要なものから順番に使われてしまうのです。

バイクは趣味の物で なくても生きていけるものですから、
余計なものです。

生活費より、収入が上回らないと
購入資金は貯まりません。

ですから、給与が入った時に、バイク貯金として1万でもいいから、
始めにキープしないと貯まらないのです。

給与をもらった時に、1万円(どうしも駄目な時は5000円)を
先に貯金することにしました。

臨時収入が入った時も
何%かをバイク貯金にすることに決めました。

臨時収入に期待して、
30万円は2年以内で貯まるかもしれない。

50%貯まったら、頭金にしてローンで買ってもいいかも・・・

そうやってコツコツとお金を貯めて行くことに決めました。

趣味で高額なものを買う為のお金は、
頑張らないと なかなか貯めることができないのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする