50代のバイクの乗り方:125CCで100km圏内の日帰りミニツーリング

Q 125でも100km位のツーリングに行ける

道の込み具合によりますが、

うちの方だと一般道は
一時間で 30から40キロ位は行けるような気がします。

125CCのバイクは高速に乗れないけど、

一般道で

片道100km圏内のミニツーリングなら行けそうです。

125CCで日帰りツーリングで楽しみたいです。

泊りならもっと遠くに行けますが、

50代の体では無理はできません。

休日明けの仕事に影響がない位で

楽しまなければなりません。

50kmだとちょっと近いので
100kmを走るには

休憩を入れて3時間位かかるでしょうか?

100km圏内のミニツーリングが
125CCクラスでは

ちょうどいい時間帯ではないかと思います。

田舎道や街中を通ったり、信号が多い地域や少ない地域、
渋滞の有無にもよりますが、

日帰りで行けるところは

100km位がちょうどいい距離だと思います。

スポンサードリンク

◆125で一般道で100km圏内のミニツーリング

目的は目的地に行くことじゃない

バイクでも車でも、

どこかに行くことを目的とする場合もあれば、
乗ることが目的の場合もあります。

バイクに乗ることが目的なので
目的地はどこでもいいのです。

ただバイクに乗って走っていたい。
そんな感じです。

それでも目標がないと、走っていられないので、

とりあえずどこでもいいから

自宅から100km圏内の行けるところを探して、
週末は

125CCの一人ミニツーリングも楽しいと思います。

休みの朝、適当に起きて、
どこかで休憩しながら、

目的地について お昼を食べて帰ってくるだけです。

目的地に行って何をするわけでもありません。

交通事情、車の速度に合わせて、走れれば

それでいいんです。

気分よくバイクに乗れれば。それで満足です。

125ミニツーリング

ネットでどこに行くか探す

目的地を探すのにインターネットがあるので大変便利です。

昔は、近県のお出かけマップを見ていましたが、
私にはあまり関心があるところが載っていないので
行く場所を探すことが大変でした。

今ではインターネットで面白そうな場所が探しやすいです。

別に行きたいところなどないのですが、
目的地がないとバイクを走らせ続けられないので
どこに行こうかネットで検索します。

釣りが趣味なので、
ヘラブナが釣れそうな、
沼地、川、釣り掘りを見つけ
釣り場を見に行くことも面白そうです。

花がきれいな公園のHPを見つけたり、
面白そうなゲームセンターなども探してくとお面白いです。

自然の場所が好きなので、
広大な景色が見えるところ、
大きな公園などを探して行くもとも楽しいです。

個人の旅行ブログから探す

個人の人が、お出かけブログ、
ツーリングやドライブブログをやっているので
個人のブログから
行きたいところを探すといいかもしれません。

広告だと悪い所等は書いてありませんが、
個人のブログは
行った感想をある程度正直に書いてくれているので、
わかりやすい場合があります。

広告だと随分大きく、素晴らしそうに宣伝していても、
行ってみたら
「なんだ、これは! がっかりだ」
という感じの場所も多いようです。

スポンサードリンク

100kmツーリング行けるところはいくらでもある

うちの方で125CCで100km圏内の
日帰りミニツーリングで行けそうな所は結構あります。

もちろん道がよくなければ、行けません。

コース選定も考えます。

温泉、温水プール、ハイキングコース、

ランチバイキング、草原もあります。

道の駅巡りもできます。

大きな釣り具店、中古ショップ、スポーツ施設

ショッピングモール、アウトレット等の

お店に行ってもいいです。

食べブロを見て、好きな食べ物屋さんにいってもいい、

目的地は何だってネットで探せばあります。

高速道路を使って行くような所と同じような所で、
100km圏内の所を探せばいい。

観光地は高速道路をつかわないと行けないわけではありません。
一般道でも普通に行けます。

どうしても行きたければ車で行けばいいです。

遠くばかりがツーリングじゃないと思います

走って楽しい、
バイクで走って楽しめる道があればいい
目的地はどこでもいいんだと思います。

大きなバイクが買えない負け惜しみですが
そう思わなければお金がどんどんなくなってしまいます。

お金をできるだけ使わないで
知恵を使って思考を変えれば

125だって、ツーリングをして
大いに楽しめると思います。

そのうち慣れれば、

100km以上離れた山や草原などにも行くことが
できると思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする