髪の毛が心配でヘルメットはかぶりたくない。頭皮にカビが生える

Q ヘルメットは髪の毛に悪い

私がバイクで嫌なのは、
ヘルメットをかぶらなければならないことです。

視界は悪くなるし、頭が重くなり

ずっと乗っていると 肩も首も凝ってきます。

前傾姿勢のレーシングタイプのバイクだと、

首も肩もすぐに凝ってしまって乗れません。

しかし、ヘルメットで一番悲しんでいるのは

髪の毛のような気がします。

ちょっとの時間かぶっただけでも
髪の毛がペチャンコになって、
ヘンテコリンになるし、

髪の毛がペタッリして気持ち悪くなるし、

かゆくなります。

しかし ヘルメットはとても大切なものです。

これがなかったら危なくてバイクに乗れません。

ヘルメットも大事ですが、

50代には髪の毛もとっても大切なのです。

スポンサードリンク

頭皮にカビが生える!

頭には

ほとんどの人にカビの菌があるそうです。

きれいにしていても頭皮にカビがいるというのです。

皮脂(ひし)を食べてカビが繁殖するそうです。

皮脂(ひし)とは、
頭の皮膚から出てくる油のようなもので、

毛穴から出てくるようです。

汗と混じって頭の皮膚を守ってくれる役目もするようです。

ある程度あった方が肌をまもってくれるので皮脂は必要です。

しかし、頭を洗う時は、
その皮脂を残しつつ シャンプーできれいにして、
カビを減らすようにする必要があるようです。

シャンプー

清潔にしないと髪の毛に悪いことはわかりますが、

頭の洗いすぎもよくないということもあるのです。

そんな難しい調整ができるものかと思いますが、

専門家の人のホームページなどで調べるとそう書いてあるのです。

また、きれいに洗っても、

頭のカビは全部はなくならないと言います。

でも、油っぽい人は良くシャンプーする必要があるようです。

そんなことを聞くと
他人のヘルメットを借りるのは嫌になるし、

誰かにヘルメットを貸すのも嫌になります

頭のカビ対策、育毛シャンプ―等

ヘルメットをかぶった日は

シャンプーで頭皮を洗った方がいいかもしれません。

育毛シャンプーもあるけど、
普通のシャンプーにも
頭皮のカビを洗い流してくれる成分が入っているようです。

それで十分でしょうが、40代50代になると
もう少し髪にやさしく
良いシャンプーをつかった方がいいかもしれません。

また 短髪や坊主にした方が

ヘルメットをかぶり続けるに人にはいいようです。

ヘルメットを長時間かぶった時は、
蒸れたり血行が悪くなっているおそれもあり、
汗や油で汚れているので
シャンプーをする時に

よくマッサージをすると育毛効果があるとテレビで見ました。

頭皮のマッザージは髪の毛にとってもいいようです。

スポンサードリンク

ヘルメットを衛生的に保管する

ヘルメットの保管も重要になります。

ヘルメットの中に皮の手袋をいれて
暗い棚の中に入れておくのは、

バイ菌を繁殖させているようなものでしょう。

頭の汗や皮の手袋と、
ほこりや汚れと
頭皮の油やふけとヒフ片や髪の毛などと
ごっちゃ混ぜになってしまって
ヘルメットの中は相当不衛生になっているかもしれません。

考えたら、ゾッとします。

ヘルメットはスクーターの収納に入れっぱなし

私は、50CCのスクーターに乗っている時は、
いつもスクーターのシート下の収納に

入れっぱなしにしておきました

でも、これはカビが繁殖しやすいし、不衛生です。

ヘルメット1つでも自分の狭い部屋に置くと

邪魔になるのです。

ヘルメットは、できるだけ、

明るくて風通しの良いところに置いておくべきです。

また 消臭剤やアルコールスプレーも

かけておいた方がいいかもしれないと思います。

時より天日干しもひつようかもしれません。

ヘルメットの中敷き・インナー

ヘルメットの中にいれる衛生用品があるようです。

ヘルメット インナーというものがそうです。

汗や頭皮の油を

直接ヘルメットに付くのを防いでくれるようです。

暑い季節などは、
ヘルメットをかぶる時、

手ぬぐい等を

ヘルメットの中にいれる人もいると思います。

ヘルメットの中の頭部のてっぺんに

タオルを入れてもいいかもしれません。

また、ヘルメットも消耗品で定期的に買い替えた方が衛生的だし、

安全の為にもいいかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする