軽の新古車、未使用車がお買い得。安く買えるが注意点は保証が心配

Q 70万円の軽の新古車が気になる

新聞のチラシに中古車屋の広告がよく入ってきます。

見ると軽の新古車(未使用車という場合もある)が

60万円、70万円から売っています。

年末年始などの特売の時には

50万円から軽の新古車が売りに出ていることもあります。

驚く値段で 新車のような軽自動車が買えることがあります。

軽自動車は、新車の車体価額が80万円台
(アルト、ミライース)からあります。

仕事車ですがエブリバンは
車体価額が90万円台からあります。

ラパンやワゴンRは100万円位です。
これに諸経費や付属品をつけるとプラス20万円以上します。

そういう比較的安い軽が
新古車という形で安く売られています。

販売店がメーカーから強制的に買わされて、
ディーラーで売れなかったものが
中古市場に流れて安く買えるようなのです。

新古車は、買い得感があります。

誰も乗っていなくて、新車登録だけしている車ですから、
実質的に新車と同じでしょう。

でも、諸経費が13万円位かかるので、
軽の新古車で70万円で広告に出ているものは、
全部で八十数万円にはなってしまうようです。

それでも やすいと思います。

新古車はお買い得

70万円出せば軽の新古車が買えると思うと欲しくなる

もうちょっと出すとグレードの高い軽が買える

安い軽自動車は乗り心地はよくありませんが、
エアコンもついているので
普通に乗るのにはなんの支障もありません

新しい軽自動車が安い値段で買えるから
どうかなあと思って、
その安い新古車を見に行っても
もっといいものが欲しくなることもあります

しかし、70万円80万円の新古車の軽自動車を見ていると、

もうちょっと出せば
タントやスペーシア、Nワゴンなどの

グレードのいいものが買えそうです。

実際に車屋に見に行くと値段が高い車の方が、

質感が高く、

見た目もいいし内装もいいのです。

もうちょっとお金を出して、
高い車種を選んでしまうかもしれません。

私は、車屋さんも見に行っただけでも、
見たら車が欲しくなり、買ってしまいそうです。

故障や保証期間

自動車は新車で買っても
始めから どこかおかしい所がある時があります。

中古車は買った時から壊れていることも多いです。

新古車も壊れている場合が考えられます。

新古車(未使用者)なら、
中古車でないので中古車に 比べて故障は少ないと思われます。

しかし、新古車であっても故障しているとか、
おかしい、不具合があるということがあるかもしれません

買う時に、保証の有無、保証期間、どんな所が保証の対象か
をきちんと確信し書類出もらっておくといいです。

スポンサードリンク

その他に係るお金がないか?

その他購入時に整備代とか、
何とか手数料とかとられる場合もあり、

結構な料金を取られてしまうこともあります

納得できるものならいいですが、
納得できない出費があるなら、

見合わせたほうがいいです。

車体の値段にばかり気を取られずに

他の出費も考えるべきです。

新古車を買う場合の注意、焦って買うな

現品から選びますから、
早く買わないとなくなってしまう可能性もあります。

でも高い買いものですから 急には決められません。
あせって買って失敗した

ということがないようにするべきです。

「車種は欲しかったものだけど、この色じゃ嫌だなあ どうしよう?」
「早く決めないとなくなっちゃう」と焦って買って
「やっぱりこの色じゃ嫌だあ・・・」なんてこともあります。

でも、安く買ったから

下取りに出しても 損は少ないかもしれません。

スポンサードリンク

新古車を扱っているのは個人業の自動車販売店です

買った後、その車屋さんとの付き合いが始まります。

車屋さんの人柄や経営方針が
自分に合っていればいいですが、

合わない場合もあります。

車は安く買えたが、
その後の整備代が高かく、
安く買った意味がないこともあります

困った時にすぐに修理してくれないなどの

問題がある車屋があることをたまに聞きます。

地元で長くやっている中古自動車整備会社なら、
信用を考えているので安心だと思います。

大型店でも
信用があったからここまで大きくなったのだと思います。

しかし、困った自動車屋もないわけではありません。

中古車や新古車を買う時には、

修理のことなども考えて、

信用おける業者から購入した方がいいです

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする