燃料タンクが小さい車は嫌だ、スタンドは混む、行く回数が増える

Q ガソリンスタンドに行くのが面倒

スタンドの数が減り、ハイブリッド車が増え、燃費向上、乗り手が減った

私は、ガソリンスタンドに行くのが嫌いです。

わざわざスタンドに行くのならまだいいのですが、

仕事と家の行き帰り中とか、
どこかへ出かけた時の途中で
スタンドによることが面倒に感じます。

目的地に向かう途中でガソリンがなくなって
ガソリンスタンドによるということがとても面倒です。

またスタンドの人との会話も面倒な場合があります。

オイル交換とか、ラジエーターの点検とか
エアコンのフィルター交換、
スタットレスタイヤの購入を勧められて、
営業をしかけられ断るのも面倒なんです。

できるだけ
無人のスタンド(セルフ給油所)を利用することにしています。

その為心的ストレスは減りました。

ガソリンスタンドに行くのが

進行を妨げるようで嫌なんです。

スポンサードリンク

A 車の燃料タンクが小さいので困ること

スタンドがどんどんなくなった

ガソリンスタンドの数が減ってしまったので、
私がガソリンをいれ行く時には
並ばなければならないことが多くなってしまいました

ガソリンスタンドの経営が、大変そうなことを聞きます。

スタンドって儲からないんでしょうか?

でも、トラックの走行は、増えたような気がします。

物流量は増えているようで、道はトラックでうまっているので、
ディーゼル燃料は売れていると思うのですが

それでもスタンドの経営はよくないのでしょうか。

個人のスタンドや大手の支店のスタンドは
なくなってきているようです。

それでも、近所のガソリンスタンドはいつも混んでいて、
経営者家族は見た目裕福そうな暮らしをしているように見えます。

儲けが少ないのは
ガソリンの単価が安いとか、
人件費が高騰しているとか、
灯油はホームセンターで買えるとか、
言いますが

ガソリンや灯油は、
絶対に使いますから スタンドが減ってしまうのは困ります。

ガソリンスタンド

・仕事の休日が多い

労働基準法が改正され、休みがたくさん増えたようです。

市役所の人や良い会社に行っている人は、
土日祝日、有給休暇などの
休日がたくさんあって、
お金もいっぱい持っているので
たくさん遊びに行けます。

ゴールデンウイーク シルバーウイーク 年末年始休暇など
休みがたくさんあって、
お金をたくさん持った人達が出かけるので
スタンドも休みの日は混んで大変です。

・高速道路のサービスエリアのスタンド

成人式、体育の日など、3連休の日も大変多くなって
出かける人が多くなります。

こんなに働かないのに

どうしてこんなに出かけられるほど
お金をたくさん持っているのか不思議です

行楽シーズンは高速道路のサービスエリアは

観光の人で埋め尽くされています。

女子トイレの行列もすごく、
売店のレジも混雑しています。

サービスエリアにあるガソリンスタンドも混んでいて
やはりここでも並ぶのです。

混んだサービスエリアは嫌だから、
空いているサービスエリアに行こうと
次のサービスエリアに向います。

すると人の少ない、小さなサービスエリアには、
ガソリンスタンドがないのです。
また
次のサービスエリアまでかなり遠かったりすると焦ります。

・ハイブリッド車が増えた

ハイブリッド車
ガソリン車の燃費が向上したせいで、

ガソリン尾消費量は減っているようです。

環境的にはいいかもしれません。

良いこともあるのですが、
スタンドにとっては
ガソリンが売れなくなったので

商売的にはよくないようです。

燃費向上のこともあって
ガソリンスタンドは減っているのでしょう。

スポンサードリンク

・燃料タッンクが小さい

燃費が良くなったり

ハイブリッド車がふえているので
車の燃料タンクも小さくなってきているようです。

しかし、車種によってはハイブリットと
ガソリン車があるので

ハイブリッド車を選べば給油回数は減りますが、

ガソリン車を選ぶと

ガソリンスタンドに行く回数が増えてしまいます。

ガソリンスタンドが込む理由は、いくつか考えられます。

スタンドの数が減った、
休日、連休が増えた

車の燃費向上などによって
ガソリンスタンドの利用方法、状況が変わってきたのです。

私は出来るだけ燃料タンクが大きくて、
満タンでできるだけ多く走れる車がいいです。

スタンドに行く回数が減ってくれればいいのですが
ハイブリッド車は面白くないので、選びたくありません。

しかし、時代はガソリンを使わない方向に行っています。

将来、ガソリン車やエンジンで動く車は減り、

ガソリンスタンドは

もっと減って行くのかもしれないと思います。

ガソリン車に乗れなくなる時代が来るのでしょう。

バイクや車の排気音を楽しめる時代が終わりです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする