ホンダVTR250を見た感想。好みの形で運転しやすそうで良かった

Q ホンダVTR250も好みの形でいいと思います

ホンダVTR250に
急に関心が行くようになってしまいました。

私はレーシングタイプでない方の
カウルがない方が好みです。


ドゥカティの偽物
みたいで、
鉄のはしごみか、鉄鋼の建物みたないな
ボディーのフレームが嫌だったのですが、
見かけている内に良くなってきました。

今のバイクはカウルが付いていて、
オーソドックスなタイプのバイクが
他にないかと思っている時に、

近所の会社に通っている人が
カウルなしのVTR250に乗っていて、

何回か見かけているうちに良くなってきました。

でも高いのです

車体価額が60万円もすると、
めちゃくちゃ欲しいなら別ですが、高過ぎます。

バイク屋にいった感想、他のバイクも気になる

あまりバイク屋には行かないようにしています。
欲しくてたまらなくなりますから。

イイモノがあると、衝動的に
「これ下さい!」
と言ってしまいそうになるのです。

買いたい気持ちを抑えることが大変ですし、

しばらく、そのバイクにお熱になり

頭から離れられなくなるのです。

でも今回も、
VTR250が本当にいいものかどうか、

確認のために行ってしまいました。

例によって 遠くのバイク屋さんで、
チェーン店に行ってきました。

バイク屋さんに行くのは、
丸目のカブ110を見に行って以来でした。

やばい、スズキGN125があった。
しかも新車で十万円台の値段です。
20万円以下で、高校時代にあこがれていたGNが買える。

しかし修理や整備をしてくれるお店が近くにない。

辞めるのだ といいきかせます。

VTR250もかなり好みだ。(2013年位の)

VTR250はあるかな?

ありました。しかも好きなタイプの白いタンクです。

鉄骨もフレームも派手な赤でなく銀です。

わあ、いい感じ!

またがると、やや猫背なになってしまうものの

きつい感じもなく、ステップもそんなに後ろでなくて

まあこの位なら良いという感じでした。

足もつくし 左右に振っても 大丈夫

走行距離は6000kmだ。

でも数年は経っている感じです。

家で調べたら
2013年のバイク図鑑に載っていたので
その位の年代のVTR250だったと思います。

VTR250は、1980年代のVT250とは全然違う

難点だった16インチの小さいタイヤでなくて良かった。

VT250Fは、昔前輪が16インチだったので
16インチだったらまた転んでしいます。

最悪の2つめの細いシートも改善されている感じです。

大昔のことでも、
あの細く薄いシートの辛さは忘れていません。

1時間ちょっと乗っただけで、
おしりが痛くなったのですから。

当時より幅広になっていると思います。

このシートなら大丈夫だろうと思いました。

ニーグリップ感もいいです。しっくりとします。

でも私はガニマタでのるのであまり関係ありません。

VTR250にふれた感想は・・・欲しくなった!

ミラーも、後ろがよく見える感じです。

昔のVTとはぜんぜん違っています。

見て、またがって乗った感じはいいです。

実際に走ってみないと、
ほんとのことはわかりませんが

またがった感じは、
猫背になりすぎず、ライトポジションも
いいものでした。

この店は、試乗はさせてくれないところです。

1980年代の昔のVT250Fと同じタイプの筈ですが、

あれよりも馬力がないと思うと残念です。

あれでも
そんなに早いと思わなかったのですから。

それよりも、
もっと馬力がないと思うとがっかりします。

あの私が乗っていた1980年代のVT250Fとは
だいぶ感じが違うようです。

結構気に入りました。

とりあえず、わかったからいいや
家に帰ってカタログやネットで
調べようと思い帰りました。

VTR250も候補なんだけど、
VT250F買ったことがあって
嫌で出してしまったものだから、
ちょっと考えものです。

昔は40馬力、 今は30馬力です。

だいぶ下がってしまいました。

それでもデザインがいいからどうしようか?

と 候補のまま検討中です。

見に行くと欲しくてたまらなくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする