オフロードを走らないくせにオフロードバイクに乗る理由、その魅力

Q オフロードなんか走らないくせにオフロードバイクに乗る

林道や荒れ地などを走る為のバイクが

オフロードバイクです。

バイクの楽しみ方はいくつかあります。
乗る以外にも磨いたり、飾ったり、
持っているだけでも満足する人もいます。

バイクの大きな魅力の1つに スピードがあります。

加速感や高速運転を楽しむ人は多いようです。
コーナーリングのバランス感覚が楽しいという人もいます。

オフロードバイクは、

荒れ地走行を楽しんだり、

普通の乗り物で走れないような 山の中を走ることができます。

しかし、オフロードバイクに与えられた特性を使わないのに
オフロードバイクを買う人がいます。

荒れた道を走る能力を使わないのに
オフロードバイクを買い求めるのです。

アスファルトの一般道しか走らないのに、
なぜかオフロードバイクを買う人もいます

人に言われるまで、
それがおかしいことだと 私は思いませんでした。

昔友人達に
ホンダのXL125やXL250に乗っている奴らがいました。

時々乗せてもらっていましたが、
楽しいバイクでした

持っている友人達は、

オフロードも林道も走りませんでした。

ただこのスタイルのバイクが好きだったのです。

セロー

オフロードを走らないなら意味ないじゃない

せっかく荒れた道を走れるバイクを買ったのに
オフロードを走らないなら意味がないじゃない、無駄じゃないか?

「オフロードも走れる」 といことに 意味がある

別にオフロードを走らないわけではありません。

海に行ったら砂浜を走ることもあります。

林道だって行く時はいきます。
ただ好んでそういう場所には行かないだけです。

もしかしたら走るかもしれない、

もしかしたら砂浜を走るかもしれない、

たまたま荒れ地に行った時でも走れるんだ

という所に魅力を感じることもあります。

スポンサードリンク

自由というか どこに出も行けるというか

想像しただけで楽しいのです。

このバイクは どんなところでも走っていける

雪の日だってこけちゃうかもしれないけど走れます。

山の奥にだって行けそうです。

山越えして隣県にも行けそうです。

登山もできそうだし、海辺も走り込めそう。

寝袋もって北海道も一周できそう。

そんなことしないだろうけど、そんな気分にもなれるのです。

それが楽しいんです。

スポンサードリンク

オフロードバイクの乗り心地、ポジション、トルク感が最高!

なんてったって 乗り心地が最高 です。

アップライトポジション

背筋を伸ばして走ることが好きな人には

このポジションがいいです。

風がもろにあたるので 高速走行は全然だめです。

高速道路の100km/hも
走り続けるのか辛いかもしれません。

発進間もない時の

あのトコトコというトルクを感じるというか

バイクの鼓動を感じるというか

シングルの良さというのか、

乗ってみないとそのよさが伝わらないと思いますが

これが私は大好きです。

加速は パワーバイクに全然かなわないかもしれませんが、

あの発進間もない時のバイクの鼓動がいいんです

スピード系のバイクが好きな人は
「セローなんかいいのか? あんな遅いバイク・・・」
という人もいるのですが、楽しいんです。

ああ、やっぱり単気筒の250はいいなあ

と思い出してしまいます。

バイクのスタイル

オフロードのバイクの形が好きな人もいると思います。

私はSR400のような

オーソドックススタイルのバイクの形が好きなのですが、

オフロードバイクの形も好きです。

バイクの形でオフロードバイクを選ぶのも自由です。

そういうことで

オフロードを走らなくても
別にオフロードバイクを買っている人もいると思います

好きなものは好き、バイクは自由ですから。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする