絶版二輪車祭2017年10月を見に行く、旧型バイクに感激

Q 絶版バイクの展示場を見に行く

公営賭博場にて開催されている
生産終了になった古いバイクの展示販売会があるようで、
見に行ってきました。

私が若かった時代に販売され、
当時のバイク好きの奴らが乗っていたバイクが

見られるようで行ってきました。

絶版バイク展示会

古いバイクを見て感動!

・旧車展示会場付近に近づくとバイクの音が聞こえてくる

絶版車の展示会場の近くに向かう道は、

昔のバイクの乗った人達が多く走っていて

会場が近いのかなあと思いました。

昔懐かしい、FX400、XJ、ホークⅢ、割と
新しいゼファー等に乗った人達が走っています。

・・・普段見られない懐かしいバイクがすごくかっこいい!・・・

昔のバイクに乗った人達が大勢いました。

スポンサードリンク

・駐車場の旧車がたくさん、大感激!

会場の周りには、
とっくに生産終了になってしまっている
古くて格好いいバイクに乗った人達が
道路を走ってます。

近くに行くとバイクの音がすごい!

集合管やチャンバーなどの音が
かなり大きくてびっくりしました。

そして、駐車場には
たくさんの大型や小型のバイクが並んでいます。

・メチャ カッコイイ!!

Z750、CB750などの
1970年代の古いバイクもあったのですが、
その辺になると私にはわかりません。

販売バイク2017

しかし、かっこいい・・・

こういうデザインのバイクを作ってくれないかなあ。

と、何回も心の中で唱えてしまいます。

RZ250もRZ350もあるし、
1980年の頃の古いバイクもたくさんあって

高校時代のことを思い出します。

「CB400フォーワン あいつが乗っていた奴だ」

「XJ400! これあいつのと同じ、懐かしいい」

FT250の初期型も見られて感激です。

みぞおちが苦しい、、、 かっこよすぎ、 懐かしすぎ
ついでに、当時の流行った音楽でも流してちょうだい!

・若い人もいますが、おっさんが多い

私と同じ年位の人が多い。 みんな、おっさんだ・・・

元暴走族という感じでの、
今も抜けきっていない人達もいる。

若くて普通の人もたくさんいるし、
女性のバイク乗りもちらほらといました。

この人達は、
みんな1970年代から1990年代のバイクをもっているようで

ずっと持ち続けていたのかなあ?

本当にバイクが好きなんだろうなあ・・・

と思わせられます。

大型バイクの古いのも、最高にかっこいいです。
こんなの見るとやっぱり大きなバイクが欲しくなります。

・旧車に試乗できる

主催者側では、来場者にバイクを乗せてくれるようです。

中型クラスから大型クラスのバイクが用意され、
申込をすると運転させてくれるようでした。

私は、大きいバイクをしばらく乗っていないので、遠慮しました。

それにたくさんの人に見られるのは嫌ですから。

試乗車2017

こんなのも、試乗車です。↑

・小さい古いバイクもたくさんある

旧型のバイクは大きいものばかりでなく
カブの古いのも、
パッソル見たいなスクーターもたくさんあります。

クラッチのある原付もちょっとはありました。

でも、ここは大型の旧車が多いようです。

ここにあるバイクはみんなそれぞれ所有者がいて
それぞれの人達がどこか遠くから乗ってきたようです。

「旧車なのに壊れないのかなあ?」

「日頃の手入れも大変だろう」

「部品はどうしているのか」

「機械の知識がないと30年以上前のバイクなんか乗れないだろう」

と、もし自分がこの古いバイクを持っていた場合の
苦労を想像してしまいます。

・感 想

自分の青春時代のバイクがづらっとあるところに行けて
すごく楽しくて
懐かしくて

やっぱり大きなバイク欲しいなあと思いました。

会場にいる古いバイクに乗っている人に話かけ
維持費を聞くと

「言えない位、かかっている」
という人もいれば
比較的新しい10年位前のものなら
車検費用位しかかからないといいます。

それでも、年間何万円はかかっていそうです。

皆、金があるのかなあ?
住宅ローンや家賃、家族に金がかからないのか?
同じ位の年の人でも
お金の感覚が私と違うような気もします。

でも、唯一の趣味がバイクで
バイクに情熱をかけている人なら
年間の何万円など、どうってことないのかもしれません。
そうだよなあ・・・

スポンサードリンク

・手入れは楽 維持費もかからないと言っていました。

人によって色々のようで、手入れは楽というのです。

「へっ? ほんとう? 」

でも、バイクを自分でいじれるようだし、

ちょくちょくバイク屋にいく時間も取れる人とか

バイク仲間がいる人なんだろうなあ

という気がします。

旧車も市場性があるようで
結構買い替えている人もいるようです。

会場に旧型のバイクに乗っている人に
話かけるとバイクのこと色々教えてくれました。

すごく楽しい絶版車祭でした。

「乗ってみる?」
と言ってくれる人もいました。
こんな高価なバイク、怖くて乗れません。

一時の時間、
高校時代に返ったような、十代、二十代に戻ったような
懐かしくて、楽しい思いに満たされました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする