春や夏の中年の一人ドライブの目的地に緑の多い山や草原も楽しい

私は、夏も一人ドライブに行きたくなりますが、
行くところに悩みます。

若い時には、山に行くよりは、海がよかったのです

「夏はやっぱり海だな」

と思っていました。

しかし、中年になった頃から
海よりも 山や草原が良くなってきました。

まあ、どちらでも気分よく走れるのならいいです。

山へ行く道

Q 一人ドライブに田舎の草原を選ぶ

緑の多い所や人のいない所に行きたい

私は一人ドライブに行く場合、
のどかな山の風景が見られるところに
行きたくなることがあります。

どこに行きたいとうわけでもありませんが、

車の通りの少ない、

人のあまりいない山の中とか

草原地帯に行きたくなります。

スポンサードリンク

昔は峠のコーナリングは楽しかったけど

昔若い頃は、
山に行くとなったら峠を攻めたいと、
コーナーを走ることが楽しく思えました。

タイヤが
キィキィ鳴いたり、滑ったりすると
ハラハラして面白かった。

激安のセリカⅬB2000等の
安いFR車に乗っていた時もあって

ギャクハンで走ることができた時は感激しました。

ですから、峠や山は曲がりくねった道が多いので
山や草原に行くのも楽しかったこと思います。

車はバイクと違って転ばないから安心でした。

しかし、技術もないくせに無謀なことをするので
危ない目にもあってきました。

そんな私でも 中年になる頃から、
峠を車で走ることは
楽しみでなく苦しみになってきました。

危ないと思う気持ちとか、

コーナーに合わせてハンドルを回すのが
面倒になってきたのです。

なんだろうな?

歳を取るとこうなるのかな?

「安全第一だよ」
私だけでなく 同じ年中年になった友人達も
峠を走るのは面倒になってきたと言います。

歳を取ってくると

峠を走るのも面倒になるものかもしれません。

峠を走るのは嫌だけど 草原に行きたくなる

私は、一人ドライブで、緑の多い草原に行く場合、
峠は面倒だからあまり走りたくありません。

今は高速道路があります。

高速使って 

草原に行ってしまった方がいいです。

山里や草原の地方に行くと、

空気がきれいだという感じがします。

春や夏に行くと、

緑の空気でヘルシーな感じがします。

山里の方にいくと、まだドライブインがあり、

その地方の産物が売っているので
その土地で取れる野菜とか、
瀬戸物とか、民芸品などが見られるので楽しいです。

最近は道の駅がありますから、

道の駅を見るのも楽しいです。

道の駅は
どこでも同じものが売っているチェーン店でないので、
その地域独特の物が売っていて楽しいです。

食べ物も
その場所でしか食べられない物も売っています。

同じソフトクリームでも、
その土地の乳牛から取った物だと

そこでしか食べられないような価値があって
おいしい気がします。

スポンサードリンク

緑の公園巡りや散歩も楽しい

私は、山の中の草原に行く時には、
ネットで情報を得てから行く時があります。

草原の公園や遊園地の情報をサイト検索してから
行く時もあります。

全く知らないところに一人で行くのも
不安になるからです・

適当な公園や牧場、道の駅などを目的地として決めて
ナビにその住所をいれて、
どのくらい時間がかかるかなども
事前に確認することもあります。

でも、目標は決めずに
フラッと出かけてしまうこともあります。

気分によって色々です。

そして、緑の公園巡りもたのしいのです。

ハイキングとまでは大げさでなくても
草原を散歩したり、
山の中の公園をちょっと歩いたりするのも

気持ちがとても良いです。

健康的だなあという気がします。

森林浴と言う言葉があるようです。

春から夏にかけて、森の中にはいると、
森独特のかおりがしてきます。

秋や冬にはしませんが、春から夏にかけて、
山の方に行くと

緑の香りがしてきて気分が良くなります。

ずっと車に乗っているので
歩くのはいい運動になし

緑の香りもして

健康的でいいのではないでしょうか?

でも秋になったら山方面にはいきたくありません。

枯れてきた山の景色や 夕日やひんやりした風で
寂しくなるからです。

また、いつもいつも同じ所だと
面白くなくなってしまうのですが、
何か月一回と期間を空けてからいくと、

新鮮さはあります。

そして、結構行く地域では

このコンビニで 飲み物を買おうとか、
このサービスエリアで 休憩しようと
決めているところもある ので

それも目的の一つになります。

適当にレンタルCDを借りてきて、
車にいれて、山に草原に一人ドライブも
気分転換には必要なものです。

こんな 山への一人ドライブも楽しいですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする